株学

けちんぼうが金の塊りを手に入れました。

そして地面に埋めておき、毎日埋めた場所にやってきては、眺めていました。
ある日のこと、金の塊りが盗まれたことに気づいたけちんぼうは、髪の毛をかきむしってなきわめきました。
けちんぼうがひどく悲しんでいるのを見て、近所の人が言いました。
「どうぞ、そんなに悲しまないで。
その穴に石を埋めて、それを金だと思いなさい。
同じことですよ。だって、金がそこにあったととしても、あなたには何も使い途が無かったんですから。」
~ウィリアム・J・ベネット~

株の配当金生活もこれに近いものがあるよな、いくら持ってたって使えないんだから・・・

関連記事

  1. 株学

    絶対に損をしない

    これは、ウォーレン・バフェット氏による投資ルールをアレンジしたもの…

  2. 株学

    自社株買いはムノーのする事

    経費削減と自社株買いで発展する企業はないアメリカのリンゴという…

  3. 株学

    10years

    十年ひと昔日経平均株価史上最高値3万8957円を付けたのは1989…

  4. 株学

    配当の再投資とメキシコの漁師

    メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。 メキシコ人の漁…

  5. 株学

    誰がカモかわわからなければ自分がカモ

    まさにコレだったな、自分ではカシコイとか思っていながら、思い切りハマっ…

  6. 株学

    Everybody else is doing it

    ビジネスの世界でイチバン危険な言葉は五つの単語で表せるそれが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. バイク

    【聖地探訪】廃旅館:陣渓園(20160619)
  2. トリップ&とリポート

    いろりの宿「芦名」へツーリング
  3. バイク

    久しぶりのキャンプ企画
  4. トリップ&とリポート

    東京ディズニーランドホテルでスーペリアプラン
  5. ライフ&ハック

    なぜ勉強をしないといけないのか?
PAGE TOP