未分類

トルコリラが下がり続ける理由(ワケ)2018年10月

10年間下がり続けている通貨ということで

今、トルコリラが話題だ

2008年の8月には90円ぐらいだったのが

下がり続けて、10月02日時点では18.90円

10年ぐらいずっと下がり続けている

そんな中、トルコの中央銀行は下がり続けるトルコリラの価値を保つために20%以上という金利を付ける発表をした

この発表を受けて、トルコリラの人気は上がり、ちょっと持ち直しているが

この状況でトルコリラを金利欲しさに買うのはウマシカの極みではないかと

確かに年利20%、単利でも5年預けていれば元金が倍だ

イッケン美味しそうにみえるかも

だが冷静に考えれば、20%もの金利をトルコ中央銀行はどこから捻出するのか

高利貸しのごとく、20%を遥かに超える「黄昏よりも暗い金利」で貸し付けて、利子をとりたてる?

そんなことはムリだ

となれば手段はヒトツ、パンがなければケーキを食べればいい

そう、お金がないなら作ればいいじゃない

トルコ中央銀行が利子分のお金を刷って預金者に渡せば、万事解決

トルコ中央銀行は利子目当ての預金が増えて、メデタシ

トルコリラ預金者は20%を超える金利を貰って、ウハウハ

これぞ二方丸く収まる大岡裁き

って、そんなわけない

トルコ中央銀行がお金を増刷するということは、即ち市中に廻るお金が増えるということ

結果どうなるか

遊戯王カードに例えてみよう

発行元がレアカードの人気があって、取引価格も高いから、バンバン刷って売ればウハウハじゃね

ということで、レアカードをバンバン刷ればどうなるか

レアカードはレア(希少)だから価値が出るのであって、誰でも持っているものはレアではない

スマホゲーのガチャでは「レア」「スーパーレア」「プレミアムレア」etc…

と、もはやレアなんて単なる敬称(サンとかクンとか)と同じ扱いをされているが

お金も同じこと、トルコリラが高い金利をまかなう為にバンバン刷って配れば

トルコリラの価値は下がる一方

株券であれば、価値が下がってもヒット商品一発で浮上する可能性もあるが

通貨だったら、そんな可能性もなく

結果、インフレが進む一方で

今後トルコ政府が今まで市中に出廻ったトルコリラを回収でもしない限りは

トルコリラの価値が上がることはない

えっ、回収はしなくても、いい方法があるって?!

市中に出回っているお金が問題なんだから、出回っているお金を処分すればいい

そうデノミだね

デノミネーションを行なうことで既存のお金を切り捨て、新たな価値観の通貨を使用する

トルコリラに待ってる未来はそれしかないでしょう、間違いない!

Q.E.D.

関連記事

  1. 未分類

    会津若松ツーリング旅の反省点

    次回に備えて、旅の反省項目を挙げておこう・無線機のバッテリーが…

  2. 未分類

    新価特約が元に戻ったでゴざる

    先日、保険契約変更のお知らせを見てて気付いた「新価特約」の設定価格違い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ライフ&ハック

    ダメ借金、ゼッタイ
  2. クルマ

    車両新価特約を付けたら中古車価特約になってたでゴザルよ
  3. 未分類

    会津若松ツーリング旅の反省点
  4. ライフ&ハック

    それ、何の為にその位置に存在してるの?
  5. クルマ

    フォレスター6ヶ月点検
PAGE TOP