ライフ&ハック

まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ

と思っていた時期がワタクシにもありました

メインカメラがダメでもサブカメラがあるさ、と・・・

ある日のこと、愛用のCanon『PowerShotD10』を使おうと思ったら

何かオカシイ

電源は入る

シャッターも切れる

しかし撮れる映像は全てピンボケ

えっ?!、オートフォーカスだったよな

どうやらフォーカス機能がイカれたらしく、全っくピントが合わなくなってしまいました

さて、この 『 PowerShotD10』 はユニークな機構があって

本体前面カバーが標準装着以外に3つ付属してくるので好きなものに変更できるという仕様でした

とはいえ、カバーについては割とあったりしますよね

もう一つ他に類を見ない機構があって

それは本体の4角にストラップ取付け用のアタッチメントがあり

そこに付属してくる4種類のストラップから好きなモノが取り付けられるというモノで

しかもその取り付けがよくあるヒモを通すタイプではなく専用アタッチメントで

ハメ込んで回すという実にオタク心を刺激してやまない仕様

そのストラップもかなりマニアックな仕様になっており

この機構だけのために、一体いくらかけたんだろうか、という心配になってしまう程です

本体自体はキヤノンからは初の防水・耐寒・耐衝撃デジカメということで

本体だけでも5m防水性能なども持っていましたが

店頭予想価格は5万円前後とコンパクトデジカネにしては高額

やはり、そのアタッチメント機構にお金がかかってしまったせいか

ちょっと競争力にかけてしまう価格でした

実際、ワタクシも普通に買うには高額だっただめ、二の足を踏み

当時流行っていた『光回線開通キャンペーン』と絡め、ネット回線契約の割引を入れて

ようやく購入した記憶があります

そんなわけで、あまり売れなかったであろう 『 PowerShotD10』

後継機種には、その特殊アタッチメントは採用されず

一代限りで、消え去っていきました・・・

とはいえ、やはりこのまま捨ててしまうには惜しい機種(構造)であるのも確か

まだCanonで修理は受け付けてくれるみたいだし、修理しようかなぁと思案中です

そして、修理するにしてもその間の撮影用として、さらに前のデジカメを出したところ・・・

 

ガチャ日記『提灯ライト』前のページ

サブカメラもシボーン次のページ

関連記事

  1. ライフ&ハック

    山梨方面長野訪問

    数年前ぐらいから山梨から長野方面へ行くことが多い以前は伊豆方面…

  2. 箱根エヴァ

    ライフ&ハック

    約1週間ぶりに更新

    いや、先週はホントにブログにとりかかれなかった家に帰ればバタン…

  3. ライフ&ハック

    近道探し

    https://twitter.com/jovanniostar/st…

  4. ライフ&ハック

    誕生日の数字に賭ける人間もいる

    何も考えないレース参加者が多いほどいい。ジョッキーの勝負服の色をもとに…

  5. GT-air3yellow

    バイク

    GT-air3は2024年4月18日出荷開始とな

    SHOEIの出す新型ヘルメットGT-air3欧州では既に販売中…

  6. Z1000CAMPtoR1

    ライフ&ハック

    そうだキャンプに行こう

    最近、キャンプ熱が出てきたので今月中に1回はキャンプに行くぞ(…

  1. ライフ&ハック

    それ、何の為にその位置に存在してるの?
  2. クルマ

    レヴォーグにリコール:制動灯スイッチの交換
  3. トリップ&とリポート

    2023新春チバツーリング
  4. ライフ&ハック

    コンビニ行ったらヤムチャがしんでた
  5. YouTube

    オモシロレースアクシデント
PAGE TOP