天声塵語

ゲーセン冬の時代に思う

かつて1990年代のゲーセン華やかりしころを過ごした者としては

現在のゲーセン事情を見るに、一抹の寂しさを感じるが

だからといって、ゲーセン業界だけに同情する気にはマッタクならない

1プレイ1コイン百円から値上げできないという主張があるが

そもそもゲーセン側はユーザーが投入する1コインへの満足度を向上させる施策を何か行ってきたのだろうか

百円を払った『満足感』

いや、数百円を払っても惜しくないと思うぐらいユーザーの心に対して訴えるものを提供しようという考えはあったのだろうか

かつて携帯電話のパケット料金が従量制だった時代に、数倍かかるが無制限という方式を打ち出した携帯電話会社の収入は倍増した

それは払う金額は大きくなるが満足感も大きくなったので、ユーザーとしてそれぐらい払うのは惜しくないという気持ちになった

それをゲーセンといえばユーザーからいかに金を投入させるかだけに求心した結果が、今日のゲーセン衰退を招いたとしか思えないのですが

関連記事

  1. 天声塵語

    投機と投資の違い

    『金持ち父さん貧乏父さん』というロバート・キヨサキさんが書いた書物…

  2. 天声塵語

    現代技術の弊害

    わしの若いころはのぉ・・・、で始まる老害タイムです平成が閉じて…

  3. testarossa

    天声塵語

    バックトゥザアーケード八千代

    千葉県八千代市にあるゲームミュージアム『バックトゥザアーケード』…

  4. 天声塵語

    そろそろ年末年始のプランを考え

    12月になり師も走る時期になってきたので年末年始のどこかへ行こ…

  5. 天声塵語

    カメラ好きとシャシン好き

    『エサやり好き』と『動物好きは違う』という言葉について考察され…

  6. 天声塵語

    本屋がなければアマゾンで買えばいいじゃない

    そうはいかない本屋が地元(住居地域)で壊滅的に消滅している市内…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. ライフ&ハック

    サブカメラもシボーン
  2. 天声塵語

    バーチャレーシング、そしてドライバーズアイからのアタックオブゾルギア
  3. ライフ&ハック

    誕生日の数字に賭ける人間もいる
  4. ライフ&ハック

    ここのところ更新がとどこおる
  5. トリップ&とリポート

    季一遊(ときいちゆう)~訪問記録~20181028
PAGE TOP